メール鯖をDockerへ移行した

GitHub: docker-mailserver/docker-mailserver

神か?

超参考

以前構築した記事

定義

  • Host: mail
  • Domain: sample.com
  • MailUser: user1
  • SSL/TLS証明書: /mnt/certificate/{cert,privkey}.pem
  • RelayHost: mail.so-net.ne.jp
  • RelayHostPort: 587
  • RelayHostUser: hogehoge@aa.so-net.ne.jp
  • RelayHostPass: hogegenoge

構築

DMS_GITHUB_URL='https://raw.githubusercontent.com/docker-mailserver/docker-mailserver/master'
wget "${DMS_GITHUB_URL}/docker-compose.yml"
wget "${DMS_GITHUB_URL}/mailserver.env"
wget "${DMS_GITHUB_URL}/setup.sh"
chmod a+x ./setup.sh

docker-compose.yml

version: '3.8'

services:
  mailserver:
    image: docker.io/mailserver/docker-mailserver:latest
    container_name: mailserver
    hostname: mail
    domainname: sample.com
    env_file: mailserver.env
    ports:
      - "25:25"    # SMTP  (explicit TLS => STARTTLS)
      #- "143:143"  # IMAP4 (explicit TLS => STARTTLS)
      - "465:465"  # ESMTP (implicit TLS)
      #- "587:587"  # ESMTP (explicit TLS => STARTTLS)
      - "993:993"  # IMAP4 (implicit TLS)
      #- "110:110"  # POP3
      - "995:995"  # POP3 (with TLS)
    volumes:
      - ./docker-data/dms/mail-data/:/var/mail/
      - ./docker-data/dms/mail-state/:/var/mail-state/
      - ./docker-data/dms/mail-logs/:/var/log/mail/
      - ./docker-data/dms/config/:/tmp/docker-mailserver/
      - /etc/localtime:/etc/localtime:ro
      - /mnt/certificate:/mnt/ssl:ro
    restart: always
    stop_grace_period: 1m
    cap_add:
      - NET_ADMIN
      - SYS_PTRACE

diff mailserver.env

diff -u mailserver.env.orig mailserver.env | grep ^+
変更分のみ。

+OVERRIDE_HOSTNAME=sample.com
+POSTMASTER_ADDRESS=user1@mail.sample.com
+ENABLE_POP3=1
+SSL_TYPE=manual
+SSL_CERT_PATH=/mnt/ssl/cert.pem
+SSL_KEY_PATH=/mnt/ssl/privkey.pem
+POSTFIX_INET_PROTOCOLS=ipv4
+DEFAULT_RELAY_HOST=[mail.so-net.ne.jp]:587
+RELAY_HOST=mail.so-net.ne.jp
+RELAY_PORT=587
+RELAY_USER=hogehoge@aa.so-net.ne.jp
+RELAY_PASSWORD=hogegenoge

ハマりポイント

Postfixの基本的な設定がわかっていればハマることはほとんどないと思う。
が、一点だけクソハマったので書き残しておく。

OVERRIDE_HOSTNAME がないと

mail postfix/trivial-rewrite[1670]: warning: do not list domain mail.sample.com in BOTH mydestination and virtual_mailbox_domains
mail postfix/smtpd[1420]: NOQUEUE: reject: RCPT from unknown[{送信元Addr}]: 550 5.1.1 <user1@mail.sample.com>: Recipient address rejected: User unknown in local recipient table; from=<{送信元メアド}> to=<user1@mail.sample.com> proto=ESMTP helo=<{送信元メアド}>

というエラーが出て「えぇ?ユーザーいるじゃん???」という頭になってしまう。

エラーにも書いてある通り、mydestinationvirtual_mailbox_domains の中身が被っていることが原因なので、どちらかを変えればOK。

このことに関する参考はこちら
Postfixの『Recipient address rejected: User unknown in local recipient table』で15分ほどハマった話

LANからはすべてのアクセスを許可する

docker-data/dms/config/postfix-main.cf にPostfixの設定を書けばDocker内のPostfixの main.cf の対象部分を上書いてくれる。

なにもしなければ

mynetworks = 127.0.0.0/8 [::1]/128 [fe80::]/64 192.168.64.2/32

になるが、LANからすべて許可したいので

mynetworks = 10.0.0.0/24 127.0.0.0/8 [::1]/128 [fe80::]/64 192.168.64.2/32

を記述して保存すればOK。

初回起動時

とりあえず上記のように設定だけ済ませる。
docker-compose up [-d]せずにまずはメールアドレスを追加する

# メアド追加
./setup.sh email add user1@mail.sample.com
# postmasterのalias追加
./setup.sh alias add postmaster@mail.sample.com user1@mail.sample.com

# メアド確認
./setup.sh email list
# alias確認
./setup.sh alias list

これをすることで user1@mail.sample.com が追加され、postmaster@mail.sample.com にきたものを前者に転送することができる。
./setup.sh alias add postmaster user1@mail.sample.com
というように@以降を省略もできるのだがうまく動作しなかったためフルで書くべき。
ちなみに postmasteremail add しなくて良い。(すると転送されない)

たったこれだけで完璧なメール鯖を構築できる。
Docker様様や。

おわり

これで無事に送受信ができることを確認した。
4時間もかかってしまった…

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です