Logicoolの新しいトラックボールを買った

Logicoolの新しいトラックボールマウスである MXTB1sを購入した

今まで同じトラックボールであるM570tを使用していたが、新しいトラックボールマウスが登場したとのことで興味を惹かれて購入に至った。

MXTB1sの特徴

  • 20°の傾斜をつけることができ、自然な手の感じで操作することができる
  • BluetoothとUnifyingに対応し、2つのデバイスを1ボタンで切り替え可能
  • ホイールを左右にアレすることで水平スクロールができる
  • 乾電池ではなくバッテリー搭載

どうだろうか。人によっては神!!!!と思うかもしれない。

ちなみに私は20°の傾斜と水平スクロールにしか惹かれなかった。
長時間PCをいじっているとマウス疲れするのはよくあるので、傾斜はありがたい。

逆に乾電池からバッテリーになったのは個人的に改悪だと思う。
バッテリーの劣化も気になるし、充電の手間がかかる。乾電池なら交換だけで済むのに・・・

M570tとMXTB1s

使ってみて

結論から言う。

慣れたものを使っていたほうが良い。

ただこれはあくまでも現時点での話。まだ1時間くらいしか使ってない。
もう少し時間が経ってから記事を書けばよかったと思う。でも早く書きたかった許せ

MXTB1sはなにがだめなの?

  • 戻る進むボタンが小さい。押しにくい。
  • トラックボールの滑りが良すぎる。M570tはそこまでシューーーンとは移動せず少し引っかかりがあるような感じがした。しかしそれがないため今までの操作をしているとポインタが合わせづらい。あくまでも現時点の話。

不満があるといってもこのくらいである。たぶん慣れ。でも約1.3万も出して買うほどではないと思う。M570tのコスパの良さがよくわかる。

不満ばかり言っていても仕方ないので良さそうな点を。

  • 傾斜はかなり楽になる感じがする。個人差があるだろうけど。
  • どこかの情報ではクリックのスイッチがかなり高耐久なものになっているとか。私は左右のクリックが死んだことはないが、ホイールのクリックが死んだことがある。ホイールのスイッチも高耐久のになってる・・・よね・・・?
  • ホイールのスクロールが心地よくなった。M570tの段階的なカチカチッという感じではなく、高級感あるスコスコーという感じになった(伝われ

疲れの軽減はかなりいいよね。どうしても疲れたくないって人は買ってみてはいかかでしょうか。

でもやっぱりM570tよ永遠に・・・という感じはとても大きかったよ。

追記

2017/11/23 追記

慣れ。

先週、先々週くらいにはもう慣れていた。つまり2、3週間もあればM570tからの乗り換えに適応できる。
傾斜20°はほんとすごい、疲れない。
でも戻る進むボタンが小さすぎるのは変わらず・・・。慣れて押せはするけど人差し指がちょっと大変。
正直1万以上払ってこれを買う必要を私は感じない。しかし傾斜はほんとに楽なので買う価値はあるかも(どっちだよ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。