「KUSOASOBI – 岡山に駆ける」歌詞

気が狂うほど好きや。


気が狂うほど好きなので文字起こししておく。

歌詞

沈むわしの気持ち 溶けてゆく休み
ああ^~
コンビニに酒とつまみがねえぜ
クソコンビニが
二人で出した糞が広がる岡山に

やったぜ。
投稿者:変態糞土方
8月16日(水)07時14分22秒
いつもの浮浪者のおっさん(60歳)と
先日メールくれた汚れ好きの土方のにいちゃん(45歳)と
わし(53歳)の3人で
盛りあったぜ。

「今日は平日」だった
午後ななじに起きて全てが分かった
(やっちまったぜ)
我慢の限界が近づき出した上司とわしの姿
ドライブモード越しに重なっていた
(全く出ないぜ?)

金は無いから
コンビニで酒とつまみを奪った
(一緒にやろう)
どこか汚い空気を纏うコンビニの親父は
(きも)
寂しい頭をしてたんだ
(申し訳ないがNG)

いつだって滅多に人が来ない
所なんで何度だって糞あそびさ
気が触れる心無い県知事 うるさい岡山県警に
涙が零れそうでも
(いやだねぇ)
ありきたりな生活保護きっと
浮浪者のおっさんなら見つけられる
(わしにくれや)

三人で騒がしい午後11時に 笑えない人生に
(クソが)
思い付く限り気持ちが良い いちぢく浣腸を
高架の下に落ちてゆく浮浪者のおっさんに
わしの股座を掴んでほら
しばらくやりまくってしまいたくて閉じ込めたメールくれねえ兄ちゃんも
ケツの穴に心臓を突っ込んで糞を口に押し込むから
怖くないよいつか年配の親父になるまで
三人や四人でいよう

糞まみれで
投稿者:変態糞親父
8月10日(木)14時30分56秒
先日、二回目になるが
例の浮浪者の親父と川原の土手で
ひさしぶりに会ったんや。
高架の下で道路からは見えないとこなんで

日曜日はまったく電話に出ることが出来ない
何も無い下の世界の和歌山が嫌いだ
土方姿のような変態の限りをつくすような
糞まみれの顔が最高だ
(できれば年配の親父!!)

糞あそびしたいけど糞が出ないこと
なんでやどうしたケツの穴
浣腸だってコンビニに無くて
そのたんび怒ってコンビニめちゃくちゃにしてしまうの
それでも好きみたい いつかはやりたい 僕らは変態
盛り合えるさ糞ためて待つよ

せ○ずり 変態 県知事 コンビニ やりたい おっさん
にいちゃん 岡山 やったぜ。 ぐるぐる 浮浪者 突うずる
ひくひく 県北 ずるずる 地下足袋 浣腸 心臓 年配 三人
顔中 小便 六十 いつもの 滅多に しこたま 先日 大勢
みんなの為に 生きようね

もう顔中糞まみれだって
がむしゃらに腰をつかって居る 僕の手をケツの穴に入れる君
もう気が狂って突かれて興奮してたまらないなんて
本当はわしも言いたいんだ

ほらまたコンビニの前で真っ裸で
逮捕だってさ
わしの為に用意した弁護士来ない
「糞あそびしたい」だなんてさ
60歳と45歳に釣られてコンビニの前でいきなり地下足袋だけになった時
岡山県警が来た あ^~

糞まみれのプレーに笑えなくなっていた
おっさんが僕の目に二回も男汁を出した
県北にある川に溢れた3人で出した糞と小便も
岡山の生活用水に溶けていく ああ^~

川原の土手の下で泣いていたコンビニの親父を
わしは優しく糞あそびへと誘う
糞と小便でずるずるして気持ちが良いように腹の中でぐるぐるしているように
イラついたわしの気が晴れる
出口を求めたくてコンビニに閉じ込めた岡山県知事が
差し伸べた賄賂を取る
涼しいから糞まみれで県北にある川を泳ぐように今汚れながら狂う
糞まみれのわしの岡山を離さないでよ
大勢の浮浪者のおっさんと変態今、岡山に糞を駆け出していく

わしの岡山について お話します
みんな わしは 最高や
わしと みんなは どちらが 上かな?
もちろん わしが上だよね
そして 下の世界のよいこのみんなは
これから先 わしを 大事にして わしの為に 生きようね
たまらねえぜ
(笑)

たまらねえぜ。

文字起こししてるとなにしてるんやと思ってしまうのやめろ。

神作品のご投稿、感謝いたします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。