ChinachuをDockerに移行した

いろいろな必要なファイルをバックアップ

  • /usr/local/etc/mirakurun/channels.yml
  • /usr/local/etc/mirakurun/server.yml
  • /usr/local/etc/mirakurun/tunners.yml
  • Chinachu/config.json
  • Chinachu/rules.json
  • Chinachu/data/recorded.json
  • Chinachu/data/recording.json
  • Chinachu/data/reserves.json
  • Chinachu/data/schedule.json

構築

前提としてもろもろの初期設定やDockerのインストールは終わっているものとする。

PT3のドライバ

Linux標準のPT3ドライバをブラックリストへ

$ sudo sh -c "echo 'blacklist earth-pt3' >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf"
$ git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.git
$ cd pt3/
$ sudo apt install dkms
$ sudo bash ./dkms.install
$ sudo reboot

docker-compose

mirakurunchinachuを1つのコンテナに詰め込んだDockerを作った

https://github.com/sugtao4423/docker-mirakurun-chinachu

mirakurun/config/の中にchannels.yml server.yml tunners.ymlを突っ込む

docker-compose up -d

Recorded Command

Chinachuには録画終了時に指定のスクリプトを実行する機能がある。
私はそのスクリプトからphpスクリプトを呼んだりsshを叩いたりしているので、Dockerfileにphpのインストール記述がある。

なので不要であればDockerfileOptionalと書いてある箇所と、docker-compose.ymlvolumesrecordedScriptsとその下のsshの箇所を消してOK

これだけ

ちゃんと動くようにするのに7時間もかかってしまった
やはりDockerはいろいろ難しいでござる・・・

自分への覚え書き

  • 録画してからgit pushするためにchinachu/ssh/config taoGit(鍵) known_hostsを配置する(gid: 1000, uid: 1000)
  • chinachu/recordedScripts/RecordTweet.php RecordSlack.phpを置いてTwitterとSlackに飛ぶようにする

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。