RTX2080を買った

どこぞのルーターのような名前をしたROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMINGを買った

尼で99,060円だった(高い

GTX1080に大きな不満があったわけではないが、なんとなく購入した。
RTX2080Tiも検討したが、15.5万円はちょっと高すぎる。

ちなみにLEDオンオフスイッチがあるので、ゲーミング系特有のピカピカは消すことができる(神)

デスクトップ表示時負荷

4画面出力前提。

  • デスクトップ
  • LINE&Slack
  • TweetDeck全画面表示(Chrome)
  • Chrome(YouTube表示中。再生停止問わず同じ)

GTX1080では使用率約30%
RTX2080では使用率約38%
追記: 7月23日のドライバーアップデートにより3~5%へ。
とても最適化されたようだ。(ただしつべ再生中は20%前後)

ここだけ見ると性能が低下しているように見えるが、後述するゲーム性能は格段に向上している。

BeatSaberのYouTube配信

GeForce Experienceで1080p 60fps 9Mbpsの設定。
GTX1080ではカクつきすぎてよくわからなかった。
対してRTX2080ではカクつくものの、GTX1080よりはマシ。でもカクつきは割とあるので実用的ではない。
おそらくRTX2080Tiでもさほど変わらないと思う。

720p 60fps 4、5Mbpsあたりが無難かも。

ただうちの場合はグラボから4画面の各1080p出力をしているので、VRの一本のみに絞ればこれはかなり改善されると思われる。
GTX1080から3画面、RTX2080から1画面というように振り分けをすれば良さそう。
2枚刺すと電力消費がやばいのでやらないが。

MHWのプレイ

配信ではない。

MHWはCPUもGPUもかなり食うことで私の中で有名。
GTX1080ではクエスト中70〜80%くらいだった記憶だが、RTX2080では50%程度で済んでいた。
大きな性能向上と言える。

終わり。

アイドル時に40%弱の使用率なのは少し引っかかるが、グラボを活かせるゲームでこれだけ負荷が軽くなっているので買ってよかった。

また数年間よろしく頼むで。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。