Chinachu γをインストールした

最近Chinachuが新しく更新されていっているらしく、導入してみた。

ほとんど前に書いた記事と同じような感じで大丈夫だが、Mirakurunのことなどもあるのでγ対応版としてまとめておく。

カードリーダー

$ sudo apt install pcscd libpcsclite-dev libccid pcsc-tools
$ pcsc_scan

recpt1

$ sudo apt install autoconf
$ git clone https://github.com/stz2012/recpt1.git
$ cd recpt1/recpt1
$ ./autogen.sh
$ ./configure --enable-b25
$ make
$ sudo make install

PT3のドライバ

Linux標準のPT3ドライバをブラックリストへ

$ sudo sh -c "echo 'blacklist earth-pt3' >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf"
$ git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.git
$ cd pt3/
$ sudo apt install dkms
$ sudo bash ./dkms.install
$ sudo reboot

最新のnodeを入れる

$ sudo apt install npm
$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g
$ sudo n stable
$ sudo apt purge -y nodejs npm

参考:http://qiita.com/seibe/items/36cef7df85fe2cefa3ea

Mirakurunの導入

$ sudo npm install pm2 -g
$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe --production
$ sudo npm install arib-b25-stream-test -g --unsafe
### 設定など
$ sudo mirakurun config {server|tuners|channels}

config関係はviが開かれてしまうので、他のエディタを使いたい人は

$ sudo su
# export EDITOR=nano
# mirakurun config {server|tuners|channels}

などする。

tunersやchannelsにはisDisable行があるので、有効にしたいもののisDisableをfalseにしてあげる必要がある

Chinachu gammaの導入

前提パッケージ

$ sudo apt install build-essential curl git-core vainfo
$ git clone git://github.com/Chinachu/Chinachu.git
$ cd Chinachu/
$ ./chinachu installer <<< 1

コンフィグファイルやルールファイルの作成

$ cp config.sample.json config.json
$ echo [] > rules.json

動作テスト

$ ./chinachu service wui execute
# 問題なく起動できたらCtrl+\で終了

# EPG取得テスト
$ ./chinachu update

登録

$ sudo pm2 start processes.json
$ sudo pm2 save
$ sudo pm2 startup

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。